キング牧師の名言に教えられた目標の立て方と「一歩踏み出す」勇気

心を揺さぶる名言メンター

名言メンターが残した言葉

階段を全部見上げる必要はない。
第一歩を踏み出しさえすれば良いんだ。

今日の名言メンター

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
(キング牧師)

エピソード

物事を進めるには、ゴールを明確にしてゴールから逆算で計画することが大切だと言われます。

でも、ゴールが明確でも必ずしも逆算できるとは限りません。
どうすれば良いのか、どうゴールに向かえば良いのか、ゴールへ辿り着くまでの過程が想像もつかないことが稀にあります。

そんなときはどうすれば良いでしょうか?

  • 答えが出るまでひたすら考える?
  • 手あたり次第闇雲に何かを進める?
  • 何をすれば良いかわからないからと諦める?

どれもうまくいかなさそうです。

じゃぁ、どうすれば良いのか?

実は、この3つのメソッドを実行するだけで良いんです。

◎メソッド1
ゴールに向かうための方法を探る。

自分が先駆者で「同じことを上手くやった人」がいなくても、どこかに何かのヒントがあります。
そのヒントを探してください。

そのためには、

  • 人に会う
  • 話を聞く
  • 本を読む

など、色んなところから情報を得てください。

そして、常にゴールを意識し意図して行動してください。

◎メソッド2
目の前のやれることを一つ一つこなして継続する。

「あなたができること」を始めてください。
何でも構いません。

「継続は力なり」とは良く言ったものです。
無我夢中で必死に続けてると、それは実績になり、人の目に留まり、思わぬ結果をもたらしてくれます。

◎メソッド3
到達したいゴールを周囲に伝えて回る。

あなたが目指すゴールについての「あなたの想い」をたくさんに人に伝えてください。

「演説をする」とか、「プレゼンして回る」とか、人を集めて何かをするような大げさなことでなくても構いません。

とにかく「あなたの想い」をたくさんに人に伝えてください。

あなたが「あなたの想い」を伝えた人は…

ゴールにたどり着くための「答を持った人」がかも知れません。
あなたの「助けになる人」かも知れません。
あなたと共に推し進める「仲間になる人」がかも知れません。
そういった人を「知っている人」かも知れません。

きっとあなたがゴールにたどり着くために必要とする人たちに出会えることでしょう。

どんな階段も一段一段登り続ければ必ず頂上にたどり着きます。

ずっと先まで見通せていなくても大丈夫。
頂上が見えていなくても大丈夫。
体力に自信がなくても大丈夫。

精一杯の熱意と力で、自分のペースで、無我夢中に、目の前の一段一段をしっかり登ればOKです。

気付けば頂上にいます。

そのためには先が見えなくともとにかくやる、そう、一歩踏み出すことが大切なのです。

行動に移してください。

行動に移さない限りゴールにたどり着くことはあり得ません。

ボクは本当に苦しかった「あの苦境」から抜け出すために、目の前は真っ暗でも、やると決めて必死にやれることをこなしてきました。

考えられる「できること」を全て漏らさず確実にこなそうと継続してきました。

もちろん上手くいくことだけでなく、上手くいかないこともたくさんありました。

それでもめげずに、諦めずに継続してきました。

すると不思議なものです。

足元の階段しか見えていなかったのに、先が全く見えなかったのに、ある時、霧が晴れるように先の階段が見えて来たのです。

紆余曲折を経ましたが、気付けば頂上にたどり着けていたのです。

しかし面白いことに「やっと頂上にたどり着けた!」と思ったら、すぐにまた新しい階段を見つけてしまいました。

その場に留まることもできたのですが、新しい階段って楽しそうで面白そうで魅力的に見えるんですよね。

そんなこんなで、今のボクはその新しい階段を登っています。

タイトルとURLをコピーしました